ヤマトヌマエビ

今日の樽水槽の水温は、朝に27℃でした。

適正水温内内だったのでちょっと安心しました。

 

今日は水槽の水を交換しました。

樽水槽2の提唱をきれいにしているとき、ヤマトヌマエビの脱皮した殻を発見しました。

きれいな殻で、ひげの1本1本までちゃんと残っていました。

そしてそのぬけ殻の大きさから持ち主(?)と思われる個体を発見しました。

よく観察してみると、なんと抱卵しています。

ヤマトヌマエビの抱卵は初めて見ました。

ちょっと感動してしまいましたが、うちの飼育環境では育てることができません。

ヤマトヌマエビは卵が孵化するとゾエアという個体になります。プランクトンです。

このゾエアは汽水でないと育たないのです。

うちは淡水水槽なので残念ながら繁殖できません・・・・。

 

 

ごめんね、ヤマトヌマエビ